京成八幡駅前整骨院ブログ

足の極み

悩みタイトル

  1. 膝が痛い

     足首が硬い
    →判断する基準としては、かかとを地面につけたまま深くしゃがめるかどうかになります。足首の硬さが強い方は日常生活でつまずきやすくなってしまったりする可能性があります。
     足がむくみやすい
    →多くの女性が抱えているお悩みになります。夕方ごろになってくるとパンプスや革靴などがきつくなってくる、靴下の跡がつきやすいといった症状が代表的です。
     疲れやすい
    →少し歩いただけで脚全体が辛くなりやすい、足の疲れを感じやすい部位としてはふくらはぎ、足裏、太ももの前側といったケースが多く挙げられます。
     足がつってしまう
    →運動中に限らず、寝ている時間帯(夜中や朝方)につりやすい方が多くいらっしゃいます。
     冷え性
    →冬場はもちろん、暖かい気候の時でも足首から足先までが冷えやすく、靴下などを履いてもなかなか改善されないといった症状になります。

  2. 足の極みに関する当院の考え

    膝が痛い

    一般的な足のマッサージでは、筋肉を緩めることが出来るため、血行不良から生じるむくみや足の疲れなど、改善されやすくあります。
    また、筋肉が緩んでくれる分、足首周りの可動域にも多少は変化として現れます。
    当院の足の極みは、ふくらはぎや足裏の筋肉を緩めるのはもちろん、その筋肉が硬くなってしまう原因となってくる足関節から足先にかけてのいくつもある小さな関節をのずれを整えていくような手技が多く組み込まれております。
    ふくらはぎに触れる手技は少ないものの、足の関節が整うことによって短時間で効果を感じやすい治療になっております。

  3. 当院が足の極みをおすすめする理由

    膝の痛み

    足の極みを受けることにより、その場での治療効果、実感値としても高く感じられるのはもちろんですが、治療後の状態を維持しやすく、マッサージよりもその状態を持続しやすくあります。
    また、人間は二足歩行ですので、いくら足の筋肉を緩めても、足先の関節がずれている限り辛い状態、筋肉の硬い状態、むくみやすさが続いてしまいます。足先の関節がずれてしまうと、骨盤や背骨への悪影響も及ぼしやすくなります。
    その状態を繰り返さないため、根本的に改善していくための治療が足の極みです。足先から整えていくためにも確実にこの治療をおすすめします。

  4. 足の疲れやむくみを放っておくとどんな症状が現れるのか

    膝の痛み

    足の疲れやむくみを放置してしまうと、筋緊張が強く出てくる可能性が大いにあるため、足がよくつるようになったり、最終的には足にシビレを感じてしまうくらいの症状になりかねません。
    シビレが出てしまうと治療段階として、まずシビレに対しての治療をしなくてはいけなくなってしまいます。時間も費用も負担が大きくなってしまうケースが予想されます。
    ですので、むくみや疲れやすさといったものが大した症状ではないからまだ大丈夫と思うのではなく、症状が悪化してしまうその前に、今のうちに治療を始める事を強くおすすめします。

  5. 当院の足の極みとは

    明るい挨拶

    当院の足の極みは、割合として骨格矯正をされている方が並行して行っている方が多くいらっしゃいます。
    いくら骨盤の歪みを整えても足先の歪みが残っていれば、整った骨盤を歪ませてしまう原因となるためです。
    現代、女性で言うならば先の詰まったパンプスやヒールの靴、男性で言うなら少し窮屈に感じる革靴、といった指先の方が狭くなっているものを履き続けることによって、小さな関節が少しずつずれてしまうため、それを整えるような治療です。
    今までは足全体に対する治療メニューがありましたが、足先に特化した治療を考えてほしい、という患者様のお声をいただいて出来上がったものが足の極みです。さまざまなお悩みを解決できる、足に特化した治療になっています。

  6. その施術を受けるとどう楽になるのか

    明るい挨拶

    日頃足にお悩みを持たれており、足の極みを受けた方からいただいたお声として、足首から下を取り替えたかのような軽さ、パンプスの窮屈な感覚が無くなり緩くなった、足首の可動域が全然ちがう、浮腫みづらくなった、と言ったお声を多くいただきます。
    実際に受けている感覚としましては、リラックスして受けていられる心地よく、痛気持ちいい感覚です。
    症状がある方はもちろんですが、足に辛さがない方がこの治療を受けても上記のような実感をできるような治療になります。

  7. 改善するための治療頻度はどのくらいか

    明るい挨拶

    一回でもかなり、効果を感じられます。ただ、その症状、筋肉の硬さ足の歪みが1日2日で出来上がったものではありません。そのため継続して受けることにより効果・症状の改善を実感することができるようになります。
    日常生活で使わざるを得ない部位になりますので、回数は必要になります。最低でも週に1度、続けていくと治療頻度としても好ましいペースになります。

京成八幡駅前整骨院のご案内

住所:〒272-0021 千葉県市川市八幡3丁目26−8 レインパレス 【電話】TEL:047-323-6777

TOPへ戻る