悩みタイトル

坐骨神経は人体で最も太く長い神経で腰から足の末端まで伸びています。その坐骨神経が圧迫、炎症されることにより腰やお尻の部分痛みや太ももの裏やふくらはぎ、足裏に電気が走ったような痛みやビリビリとした痺れの症状が現れます。坐骨神経痛の主な原因疾患として腰部椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、変形性腰椎症があります。この他にも腰椎分離すべり症や梨状筋症候群、糖尿病、アルコール依存症、喫煙、ストレスでも発症する場合もあります。

坐骨神経痛に対する当院の考え

坐骨神経痛とは疾患名ではなく症状名の1つです。坐骨神経痛は腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、梨状筋症候群、仙腸関節障害など様々な疾患により坐骨神経に炎症を起こします。多くは腰の背骨、腰椎が異常を生じる事で坐骨神経が刺激を受けたり圧迫され坐骨神経痛の症状が出ることが長あります。また長時間のデスクワークや運動不足、過度な運動で起こる事が坐骨神経痛の症状がでる事もあります。原因を突き止めるには病院で医師の診断を受ける事が大事になります。MRIやレントゲン検査を行い、医師にどんな症状が出ているのか医師に伝え、適切な治療を受ける事が大事です。当院でも現在の症状を伝えて頂き病院へ行くべきかどうかの判断をさせて頂きます。

坐骨神経痛を放っておくとどうなるのか

坐骨神経痛の80%は腰椎椎間板ヘルニアが主な原因と言われています。坐骨神経は運動神経と感覚神経の線維があります。それを放置しておくと感覚神経では足の痺れが強くなり、感覚がなくなっていきます。足の感覚がなくなると自分の足が地面に接地しているかが分からなくなり歩行に支障をきたします。運動神経では筋力が低下し下肢のバランスが悪くなり歩行が、困難になります。結果歩行する事が少なくなっていき将来介護が必要になる可能性が、上がっていきます。基本片足に坐骨神経痛の症状が出ることが多いですが腰部椎間板ヘルニアでは放置しておくと両足に坐骨神経痛の症状でて手術することもあります。

坐骨神経痛の軽減方法

坐骨神経痛の改善方法としては保存療法と手術療法があります。保存療法とは手術以外の方法で手術療法は手術の事です。保存療法ですが1つ目は物理療法です。温熱、マッサージ、低周波電気、赤外線、マイクロ波で血行を良くして痛みをとる療法です。骨盤牽引は牽引する事により椎間板に掛かる圧力を弱め痛みをとる方法です。2つ目は運動療法です。体操やストレッチをする事により硬い筋肉を柔らげ血行を良くして痛みをとる方法です。徐々に運動の負荷を掛けていく事により下肢に筋力がつき腰椎への負担を軽減させます。3つ目は装具療法です。コルセットで腰椎を支え、安定させる事により痛みを和らげる方法です。腹圧を上げる事により腰椎が安定します。長期間使用すると筋力が落ちるので目安としては1ヶ月が良いです。4つ目は薬物療法です。薬を使う事により痛みを和らげていく方法です。痛みを和らげる事により身体を動かせるので筋力低下を防げます。5つ目はブロック療法です。麻酔や抗炎症剤を神経の周りや神経に直接注入させる方法です。痛みを遮断する事により痛みが和らぐだけでなく自律神経の緊張も和らぐ為血行も良くなります。

坐骨神経痛の軽減に効果的な当院の施術メニューは?

坐骨神経痛を改善させる当院の治療メニューは疾患にもよりますが手技療法、温熱療法、電気療法、鍼療法筋肉を緩め、自律神経を整えて血行を良くし、痛みを和らげていきます。痛みが和らいだ後、骨格矯正、骨盤はがし、筋膜ストレッチで坐骨神経痛になりにくい身体を作っていきます。まず最初に手技療法、温熱療法、電気療法、鍼療法のどれかで自律神経を整え血行を良くし筋肉を柔らかくし、痛みを取ります。特に鍼療法は即効性があり痛みや筋肉が柔らかくなるのがすぐに実感できます。なぜかというと鍼には即効作用、鎮痛作用があります。鍼を身体に刺す事により身体の免疫反応が活発になり血液が鍼が刺さっている周辺に集まり血行が良くなります。血液が良くなる事により筋肉が緩み、痛みも取れます。その後、身体の骨格を整える骨格矯正、筋肉の柔軟性を上げる骨盤はがし、筋膜ストレッチを行います。骨格矯正は悪い姿勢を良い姿勢に変え、ズレていた骨格を正常に戻し、筋肉への負担を減らします。骨盤はがし、筋膜ストレッチは柔軟性を高め怪我をしにくい身体にします。

その施術を受けるとどう楽になるのか

これらの施術を受ける事により痛みや痺れで歩き辛かった、生活しにくかったのが良くなり普段の生活に戻る事が出来ます。尚且つ、骨格矯正を行うことにより姿勢が良くなり見た目綺麗に見えスタイルも良くなります。他にも首こりや肩こりなどの筋肉への負担が軽減され痛みや凝りが出辛くなります。姿勢が良くなる事により血行や代謝が良くなり浮腫みの緩和も期待できます。また、内臓が本来の位置に戻るので呼吸や消化器系、循環器機能が正常に働きます。

改善するために必要な施術頻度は?

改善する為の施術頻度としては安静にしている時でも痛みがある場合、なるべく毎日施術を受ける事をおすすめ致します。最低でも週3〜5日施術を受けて頂きたいと思います。痛みがある時は筋肉がとても硬く、炎症も強い為、早めに筋肉を柔らかく、炎症を抑えていく事がとても大事になります。安静時に痛みがない場合でも早く治すには施術を毎日受けて頂く事をおすすめ致します。最低でも週1〜2回受けて頂きたいと思います。