当院ではLine@からご予約・お問合せが出来ます。

Line@では、予約空き状況の確認、予約が取れる、予約の変更、お得な情報、さまざまな特典が受けられますのでぜひ、ご利用ください。

WEBフォームから受付けする

いますぐお電話する

むちうちなら北小金南口駅前接骨院

北小金南口駅前接骨院

胸郭出口症候群

当院の矯正治療は医師監修の施術なので安心・安全・効果的!
悩みタイトル

  1. 明るい挨拶

    腕に痺れ、冷感がある
    肩から腕にかけて脱力感がある
    肩や腕、肩甲骨に痛みがある
    手が握りにくくなった、力が入りにくくなた
    肩こりをすごく感じるようになった
    このような症状でお困りではないでしょうか。いくつか当てはまる方は胸郭出口症候群の可能性があります。
    胸郭出口症候群とは肩から腕への負担のかかる運動や姿勢などで神経や血管が障害を受けることにより、肩から腕や手にかけて痛みや痺れ、動かしにくさ、だるさ、違和感、冷感などの症状が出る状態の事をいいます。また、肩こりだと勘違いしてしまっているケースもあります。

  2. 胸郭出口症候群に対する当院の考え

    明るい挨拶

    そんな胸郭出口症候群に対しては当院では痛みなど症状が重度でなければ良くするができると考えております。日常生活での生活習慣や癖がかなり密接に関わってきますので、早期の治療を勧めております。一人一人の生活背景をしっかりと聞き取りを行い、何が影響しているかを考え、対処していきます。
    胸郭出口症候群には、斜角筋と呼ばれる首の筋肉で構成される部分(斜角筋症候群)、鎖骨と肋骨の間(肋鎖症候群)、胸の筋肉である小胸筋と肩甲骨との間に構成される部分(小胸筋症候群)があり、当院ではどこで症状が出ているかを見極めて、施術を行いっていくことで、規則正しい健康的な生活スタイルを確立させていくことが大切だと考えております。

  3. 胸郭出口症候群を放っておくとどうなるのか

    明るい挨拶

    胸郭出口症候群の症状を放っておくと腕を上げる動作で肩から腕にかけて痺れや肩や腕、肩甲骨周辺の痛みが増してきます。また肘から先の外側や手の小指側に沿ってうずくような、ときには刺すような痛みと、痺れ、ビリビリ感、触った感じなどの感覚以上に加え、手の握力低下と細かい動作がしにくいなどの運動が麻痺していく症状が強くなっていきます。手指に運動障害や、握力低下など異常がみられるようになると手の筋肉が萎縮により手の甲の間が凹んみ、手のひらの小指側も痩せていきます。
    また動脈が圧迫されると、肩から腕の血流が悪くなり腕が白っぽくなり、痛みや冷感が生じてきます。静脈の場合だと肩より先の静脈血の戻りが悪くなり青紫色っぽくなっていきます。

  4. 胸郭出口症候群の改善方法

    明るい挨拶

    まず、生活習慣の見直しが必要となります。症状を悪化さえるような日常動作をできるだけしないようにします。腕を上げた状態が長く続く仕事や重いものを持ち上げる様な仕事や運動、リュックサックに重たいものを入れて担がないようにするなど、安静にしご自身で気をつける事ができること行なってもらいます。また、筋肉の緊張がかなり強い事や不良姿勢が強いことが多いので関連する筋肉を緩めたり、骨格を歪みを整えたりすることで良好な姿勢を保つようにしていきます、さらに、睡眠不足や過度なストレスとの関連も指摘されているので、自律神経系に対するアプローチもしていきます。

  5. 胸郭出口症候群の改善に効果的な当院の施術メニューは?

    姿勢矯正

    当院で行なっている治療としてはまず関連する筋肉を緩めるために表層の筋肉には手技療法を行い、深層の筋肉には鍼治療や電気治療を行なっていきます。また、ストレッチや肩甲骨剥がしなど肩周りの運動を行い、血流をよくしていきます。不良姿勢が強い方には筋肉の矯正治療と骨格の矯正を行い、正しい姿勢や骨格の位置に導いていきます。
    また、睡眠不足やストレスを感じやすい方には自律神経を整える鍼治療を行い、身体の内側から体質を変えていき症状の軽減をしていくこともあります。
    こうした治療を組み合わせながら一人一人の症状に合わせたオーダーメイドの治療をしていきます。

  6. その施術を受けるとどう楽になるのか

    明るい挨拶

    まず電気や鍼治療を行うと神経や血管を絞扼していた筋肉が緩んでいき、痺れや感覚の異常などが取れていきます。筋肉の矯正や骨格の矯正を行うことで丸まった背中やそれによって縮こまった筋肉を伸ばすことができ、胸郭が広がるため症状の
    緩和が見られます。いくつかの治療を組み合わせることで相乗効果が生まれ、効果も格段に上がっていきます。こうした治療を一定期間続け、生活習慣の指導を同時に行い、症状を改善させていきます。

    改善するために必要な施術頻度は?

    明るい挨拶

    症状の改善にはある程度の期間が必要となってきます。筋肉を緩めること不良姿勢を整えることが同時にできれば週に2〜3回を最低でも半年間続け変化を出し、症状の緩和とともに安定させて続けていく必要があります。悪くなるのにも身体の癖や生活習慣の中から少しずつ悪くなっているので、良くするのにも少しずつゆっくり時間をかけながらよくしていきます。

▲ページの先頭へ戻る

北小金南口駅前接骨院のご案内

【住所〒270-0014 千葉県松戸市小金8 北小金駅南口建物1階 【電話】TEL:047-711-9100

北小金南口駅前接骨院景観
受付時間 土・日・祝
9:00~12:00 8:00~12:00
15:00~21:00 14:30~17:00
当院までの地図

○JR線「北小金駅」から徒歩30秒

詳しい案内は「所在地・地図」でご覧になれます。

北小金南口駅前接骨院マップ

お気軽にお問い合わせください
  • JR常磐線 北小金駅から 徒歩30秒!

    047-711-9100

    電話予約できます!(受付時間内)

  • お問い合わせフォームへ

    メールフォームからのお問い合わせは24時間受付しております。

▲ページの先頭へ戻る