佐倉大崎台接骨院ブログ

四十肩・五十肩

当院の矯正治療は医師監修の施術なので安心・安全・効果的!
悩みタイトル
  1. 明るい挨拶

    夜中に寝返りのたびに肩の痛みで目が覚めてしまう日が多い
    髪の毛を結んだり、手を体の後ろに周したりする時に肩に激痛が走る
    肩だけでなく首の方まで痛くなってきた
    この肩の激痛が放っておいても良くならない
    病院や他の接骨院に行っても良くならない
    洗濯物が干しづらくなった、肩よりも上のものが取りづらくなった
    最初の激痛が治まるとともに、鋭い痛みから鈍い痛みへと変化し、肩を動かせる範囲がだんだん狭くなっていた

  2. 四十肩・五十肩に対する当院の考え

    明るい挨拶

    四十肩、五十肩は、その名前の通り40代で症状が出れば四十肩、50代で症状が出れば五十肩と呼んでおり、それぞれに違いはありません。なので稀に20代・30代で症状が出るものは二十肩、三十肩と呼んでも間違えではありません。 四十肩、五十肩は、肩の関節にある「腱板」という組織が炎症を引き起こし「関節包」に広がる事で起こります。これは老化に伴い、筋肉や腱の柔軟性が失われスムーズに動かなくなるからと言われていますが、実際のところ原因ははっきりしていません。 ただ、肩こりと五十肩は別物で、肩こりは主に筋肉の疲労や、筋肉関連が強いですが、五十肩は「炎症」です。 なので、炎症を取り正しい方法で可動域改善をしていかなければ、肩の上げづらさや筋固定が残ってしまい炎症が取れたのに、上がりずらさが残ったまま生活することになります。

  3. 四十肩・五十肩を放っておくとどうなるのか

    明るい挨拶

    四十肩・五十肩を放置してしまうと、痛みが治まった後に関節が拘縮してしまい可動域がとても狭くなってしまい、日常生活にも支障が出るようになってしまいます。 また、固まってしまった肩関節が原因となり後遺症にもつながってしまうリスクがあります。 後遺症としては、肩から「首周りの筋肉の硬さ」が残るケースがかなり多いです。 少々固くても動きに問題ないのですが、このような硬さを残すと四十肩(五十肩)が再発しやすくなるのです。 そのため痛みがあるうちから無理のない範囲で動かしてあげることで、症状の悪化を防ぐだけでなく後遺症の予防にもつながります。

  4. 四十肩・五十肩の改善方法

    明るい挨拶

    四十肩・五十肩の原因と致しましては基本的には歳を重ねることによって起こる血液循環の悪化が原因だと言われています。血の巡りが悪くなることで肩周りの筋肉が炎症を起こしそれにより痛みが出てしまいます。これが俗に言う四十肩・五十肩の原因です。 これらの症状を改善するためにはまず肩周りの筋肉をほぐしてあげることが必要です。筋肉が硬いままだとどうしても血の巡りも悪くなってしまうので硬さを取る事が必要になってきます。 それと同時に骨格の歪みを取ってあげることも重要になってきます。 理由と致しましては骨格が歪んでしまっているとどうしても動き自体が不自然になってしまい余計な動きによってすぐにまた筋肉が疲労し固くなってしまうためです。関係ないように思われがちですが骨格を治すことにより根本的な治療効果が望めます。

  5. 四十肩・五十肩の改善に効果的な当院の施術メニューは?

    姿勢矯正

    当院で行ってるメニューで五十肩・四十肩を根本改善していくのなら、骨格に対してアプローチすることができる全身骨格矯正が効果的です。 肩が痛いから動かさないといった日々を過ごしてしまうと肩周りの筋肉が衰えてしまい、いざ痛みが引いた時に動かすと肩関節の可動域が下がってしまう可能性が出てきます。なので動かした時に痛みがある状態の時からやって頂くとより治療効果が出やすいです。 痛みが強すぎる場合は痛みを和らげるように筋肉の柔軟性を高められる肩甲骨剥がしや鍼治療も併用して行っていくと、少しでも痛みが引いてる状態で根本治療を行う事ができます。

  6. その施術を受けるとどう楽になるのか

    明るい挨拶

    主に五十肩の治療の基本は運動療法になってきますので、矯正治療をする事によって身体全体のバランスが整い関節の可動域も上げてくれます。 また、その際痛みが強く出現する時は鍼治療などで筋肉へ直接打つことにより筋肉の緩みや血流の流れが良くなってきます。あくまでも五十肩は炎症になるので全て治る訳ではないですが、根底の筋肉の緩みが出る事によって今まで詰まってしまっていた筋肉が動き始めるきっかけもなります。 痛みの他に可動域も出したいときは肩甲骨はがしがおすすめです。この治療で肩甲骨をはがす事によって肩甲骨周囲にくっつく筋肉が緩むだけでなく、血流の流れが一気に良くなるのでポカポカと代謝も上がって老廃物を流して早く五十肩の炎症を取ることができます。 まとめて、まず身体全体のバランスを整える矯正治療を行い、痛みが強い時は鍼治療を、もっと可動域を上げたいときは肩甲骨はがしをしてあげるのがよいでしょう!

    改善するために必要な施術頻度は?

    明るい挨拶

    改善するために必要な頻度としては、個人差にもよりますが1週間に2回から3回がベストです。 痛みの状態、肩の可動域のチェック、お身体の他の部分に影響がないかなど、症状一つだけでなく全体を通してしっかりと治療を行う必要性があるからです。 また、治療を行うだけでなくストレッチなどで肩の動きを出してあげるのも効果的です。

佐倉大崎台接骨院のご案内

住所:〒285-0817 千葉県佐倉市大崎台3-1-1 志志久良ビル1階 【電話】TEL:043-312-4177

TOPへ戻る