悩みタイトル

テニス肘は肘の関節付近の筋肉に炎症が起きた状態です。この状態になった場合の症状としては動作時の疼痛、例えば物を持ち上げた時の痛み、運動時ではテニスだけで無く、野球、バレー、などでも痛みを出します。
日常的には蛇口やドアノブをひねる時の痛みなどがあります。
また、障害された筋肉局所の圧痛や熱感などがあり運動時だけでなく日常生活を送る上でも辛さを感じる事があるもので、症状を発症する原因も日々の生活の中にあります。

テニス肘に関する当院の考え

当院ではテニス肘は肘付近の筋肉の使いすぎ(オーバーユース)によるものだと考えています。
運動選手の中ではテニス、野球、ゴルフの様なスポーツに多く見受けられます。
仕事の中で発症してしまう方で多いのは重い荷物を運ぶ引っ越し業者の方や繰り返し肘の曲げ伸ばしの運動
をされる方に多いです。
この様な方々は日常的に肘の筋肉に負担をかけてしまう事が多いので痛みを発症しやすいと考えます。
これらは、日々のケアがしっかりできていれば防ぐ事が出来るのですが多くの方が罹患してします方の多くがケアが行き届いておらず症状を発症
してしまいます。

テニス肘を放っておくとどうなるのか

テニス肘の状態をそのままにして仕事や運動を継続してしまうと痛みを繰り返してしまい症状の改善が難しくなってしまいます。
テニスや野球といった肘に負担の多いスポーツなどでは痛みによってパフォーマンスの低下や痛みが改善しても
以前の状態のパフォーマンスを披露する事が出来なくなったりと放置しておく事のデメリットがとても大きいです。
日常的に酷使してしまう方も肘関節の可動性が低下してしまい日常生活においても不自由な事が多くなります。 
なにで当院では早めの治療を行う事を皆様にお勧めしています。
早期の治療をする事でテニス肘の症状の改善は期待する事が出来ます。

テニス肘の改善方法

テニス肘の改善法は基本的には安静にしておく保存療法が一般的で医療機関に関わることなくできる改善法です。
自宅でのセルフケアを行い炎症が引くまでの間安静にしておきましょう。
セルフケアはいくつかあり、1つ目はアイシング2つ目はストレッチです。
アイシングは仕事や運動で肘を使った後にして頂くこ事が大切です。アイシングを行う事で使用後の筋肉の炎症を抑えてくれる効果があります。
ストレッチは仕事や運動の前後に行いましょう。使用前はまだ筋肉が固くなっていますのでしっかり準備体操の感覚で行います。
使用後は筋肉の酷使による筋緊張が見られる為しっかり緩めてあげ、アイシングと合わせて行いましょう。

テニス肘の改善にオススメする当院の施術メニューとは

明るい挨拶

テニス肘に対して、当院では様々な治療をご用意しております。
基本的にテニス肘は肘の使い過ぎが原因ですので原則安静が必要です。
当院では炎症による痛みの緩和にはインテレクトという電気治療を推奨しています。
インテレクトは炎症をとり痛みの緩和をしてくれるだけでなく傷ついた筋肉の修復を促す効果が期待できます。
また、慢性的に症状を繰り返している方に対しては筋肉の硬さが出ている場合がありますのでその硬さの改善を促すための
治療として鍼治療をご提案しています。
鍼治療は筋肉に直接的にアプローチが出来て血流を良くする事で痛みの緩和と筋肉の修復を促してくれます。

その施術をうけるとどう楽になるのか

インテレクトの治療と鍼治療を受けて頂くと痛みの緩和にとても効果が期待できます。
運動時の痛みや日常的な痛みの改善に効果が期待できストレスの緩和に来た出来るのでこれだけでもだいぶQOLの向上につながります。
また、再発の予防をするために肘周りの筋肉の緊張をとるために鍼治療を行い筋肉の質を改善を促しています。
これらの治療を継続して受けることで比較的早期の症状改善が期待でき、スポーツ現場の復帰と日常生活の不自由の緩和につながります。
症状が出ていない段階での治療は症状の発症の予防にもなるので発症しやすい職業やスポーツをしている方は
予防として受けることができます。

軽減するための施術頻度は

テニス肘の治療で当院を受診していただいた際の治療期間の目安としては、細胞の生まれ変わりの周期に
そって決めていきます。
基本的に細胞の生まれ変わりの周期は3か月と言われているので、3か月間は安静とこれらの治療を継続して受けることが
大切です。
また、慢性的に症状が継続している方は筋肉の硬さを改善する必要があるため6か月から9か月間は治療を継続する事が
大切です。