腰痛関連Q&A

  1. 腰痛関連でよくある質問と回答①

    明るい挨拶

    Q ぎっくり腰の原因って?

    A 私たちの院に来てくれている患者様からは「重いものを持ち上げたら」「洗面台で顔を洗おうとしたら」など様々なお答えを頂きます。
    ぎっくり腰は普段腰に負担をかけることが多い、ストレスなど様々要因から起こりえますがしっかりとした原因は分かってはおりません。
    一般的に多いのが骨格の歪みによってぎっくり腰になる方です。
    普段、何気なく座っている姿勢や立ち方によって骨格や筋肉に負担をかけてしまい、ぎっくり腰になる方がいます。
    またぎっくり腰になりやすいお身体をそのままにしておくとヘルニアや狭窄症などを引き起こす原因になります。

  2. 腰痛関連でよくある質問と回答②

    明るい挨拶

    Q 腰痛の予防は?

    A 腰痛の予防は腰回りの筋肉を柔らかくすることが大切です。
    普段からお身体を動かさないことでストレスになり神経が過敏に反応してしまいます。
    ストレスが続くと痛みを抑制することが出来なくなり、腰痛をさらに感じやすくなります。
    ストレッチなどの少しの運動でもストレスの軽減と考えられます。
    また普段シャワーなどで済ませてしまうと腰の筋肉の緊張は取れません。
    湯船に浸かりお身体を温めることで腰回りの緊張を取ることが出来ます。
    急に激しい運動、強いストレッチをすると腰痛を悪化させてしまうので、オススメは湯船に浸かって温まったお身体で気持ち良いと感じるストレッチを行うことです。

  3. 腰痛関連でよくある質問と回答③

    明るい挨拶

    Q 腰椎椎間板ヘルニアって何?

    A 椎間板ヘルニアとは背骨の骨と骨の間にあるクッションのような存在の椎間板が、一部飛び出してしまい、神経に触れてしまうことで痺れや痛みなどを引き起こす事です。
    椎間板があることで背骨はスムーズな動きに対応が出来ますが、椎間板が飛び出して神経に触れてしまっていると動くだけで痛みやしびれなどを引き起こしてしまいます。
    腰椎椎間板ヘルニアの症状は片足のしびれや痛み、動かしずらさ、力が入らないなどの症状が出てきます。一般的に坐骨神経痛と呼ばれております。
    発症するのは20代~40代が最も多いと言われています。

  4. 腰痛関連でよくある質問と回答④

    姿勢矯正

    Q ぎっくり腰を早く治すには?

    A ぎっくり腰になったら「安静にすること」と言われていますが、最近の研究では安静にすると治りが遅いという研究結果も出ています。
    お身体は人それぞれなので絶対動かしたほうが良いわけではありませんが、普段の生活を出来る範囲で行うことが早く治る近道かもしれません。
    しかしぎっくり腰は痛みが強いので、なるべく動かしたくない方はコルセットや骨盤ベルトなどをしながら日常生活を過ごすと症状悪化を防ぐことが出来ます。
    また軽いストレッチや整骨院などで施術家の力を借り、なるべく普段の生活を行えるようにしていきましょう。

  5. 腰痛関連でよくある質問と回答⑤

    明るい挨拶

    Q 腰痛になって気をつけることは?

    A 腰痛といっても原因が様々あります。腰痛の原因の8割は原因が分かっていません。
    しかし、残りの2割は原因が特定できる腰痛です。
    その中でも内臓の病気などで腰痛になることがあります。
    消火器系や泌尿器系、循環器系や女性は婦人科系の病気で腰痛を引き起こすことがあります。
    内臓疾患の場合は腰痛の他に体の痛みや異常があります。
    日ごろから自分のお身体に気を配り、変化に気づいてあげることが大切になってきます。
    長引く腰痛や腰痛以外で気になることがあれば、早めに医療機関に受診することをオススメいたします。

京成八幡駅前整骨院のご案内

住所:〒272-0021 千葉県市川市八幡3丁目26−8 レインパレス 【電話】TEL:047-323-6777

TOPへ戻る