佐倉大崎台接骨院ブログ

股関節痛

当院の矯正治療は医師監修の施術なので安心・安全・効果的!
悩みタイトル
  1. 股関節痛

    今回のテーマは股関節の痛みについてです。皆様は普段こんな経験はないでしょうか?
    歩いたり走ったりすると股関節が痛む
    重いものを持つと足の付け根が辛い
    階段の昇り降りが股関節が痛くて辛い
    足の爪切りの際に胡座をかくと痛む
    椅子から立ち上がる時に電気のようなものが走る
    等です。
    股関節は人間の体重を支えてくれるとても大切な部分です。ですのでそちらで痛みが出てしまうの多くの日常生活の動作が辛くなってしまいます。

  2. 股関節痛に対する当院の考え

    腰痛

    続いて当院の股関節痛に対する考えをお伝えしようと思います。 股関節が痛む大まかな原因として4つの病名が上げられます。
    ・変形性股関節症
    ・大腿骨頭壊死
    ・大腿骨頸部骨折
    ・関節リウマチ
    の4つです。
    大腿骨頸部骨折と大腿骨頭壊死に関しましては場合によっては歩けないほど痛くなってしまいます。 よく見られるものとしては変形性股関節症です。
    変形性股関節症は股関節のクッションの役割を果たしている軟骨がすり減り痛みが出てしまう病気です。軟骨がすり減ることによって左右の足の高さが変わってしまったり、動かす度に痛みなどが出てしまうのが特徴です。 主に中高年の女性に多いと言われています。

  3. 股関節を放っておくとどうなるのか

    o脚

    初期は動作の始めに強い痛みを覚え、動作中は軽減するのが普通で、症状の進行とともに痛みは持続的となり、歩行も休みながらでないと不可能になります。 次第に夜間痛も覚えるようになり、睡眠にも悪影響が出ます。
    一方、日常生活では足の爪切りや靴下を履いたりすることなどの些細な事が困難になります。長時間の立ち仕事もつらくなるので、家事にも支障をきたします。階段やバスの乗り降りなどにも手すりが必要になります。
    また、股関節に痛みがある状態で歩くと、その痛みを庇って今度は膝や腰に痛みが出てしまうことがあります。

  4. 股関節痛の改善方法

    明るい挨拶

    股関節は、体重支持や運動時の移動などに関与する大変重要な関節です。なので、股関節に痛みがある時は、股関節にかかる負荷を軽減し、体全体のバランスや腰椎・骨盤の位置など、他の部位との関連を意識する必要があります。
    御自宅などで簡単にできるストレッチをご紹介させて頂きます。 床に座り両足を大きめに広げて右足の親指側を内側に倒すようにして足を内側に回転させます。左足の小指側を外側に倒しながら足を外側に回転させます。 これを左右交互に1日2~3回行ます。(1セット5~6回繰り返す) 運動中は息を止めることなく、ゆっくり呼吸しながら行ってください。 このストレッチの特徴として、無理して多くやればやるほど良くなるというものではございませんので、痛みのない範囲で適度な数で行って下さいね。

  5. 改善に効果的な当院の施術メニュー

    姿勢矯正

    日々悩んでいる股関節痛も当院の治療を行えば痛みが取れるだけではなく、それ以上の健康を提供できます。 当院の治療メニューで効果的なのは3つあります。
    一つ目が矯正治療です。 関節のズレや姿勢や骨格のバランスなどを整えて治す治療方法になります。
    二つ目に筋膜ストレッチです。 筋膜とは筋肉を覆っている膜の事で、とても感受性が高いと言われています。その筋膜を伸ばして柔軟性を上げて股関節周囲の負担を失くしていく治療になります。
    三つ目に骨盤はがしです。 これは名前の通り骨盤をはがしていき骨盤周囲の股関節や脊椎などの動きを良くすることで可動域や柔軟性が出てくるものになります。

  6. その施術を受けるとどう楽になるのか

    楽になる施術

    まず矯正治療は普段の私生活で知らず知らずに歪んでしまったお身体を正しいポジションに戻す事で、本来の身体の循環になり炎症や痛みの早期回復に見込めるだけでなく、関節へかかっている負担を取る事もでき当院の治療メニューの中でも一番多くの方が受けられている治療メニューです。
    次に筋膜ストレッチは筋膜の柔軟性を上げる事により、痛みを消すだけでなく、今後の怪我や不調のリスクも抑えある事が出来ます。
    ストレッチは嫌いと言っててもやった後の効果は絶大で股関節周囲の痛みはもちろんむくみや冷えといった万年の悩みの解消にもなります。
    最後に骨盤はがしです。これは股関節が痛い方には一番受けてみて欲しい股関節特化型治療になります。日々の股関節痛や腰痛などは骨盤が硬くなっている事が原因です。その骨盤自体をはがし可動域を増やすことにより股関節の痛みや連携してくる痛みも治す事が出来ます。なので股関節痛が出た時はまずこの3つの治療を一度受けてみる事をおすすめします。

  7. 軽減するための施術頻度は?

    明るい挨拶

    最後に改善するためにはどのくらいの頻度で通えば良いのかの説明を行おうと思います。基本的には初期の症状の強い内は毎日でも来て頂きたいです。症状変化が強くせっかく治療を行っても2-3日するとお体か元の状態に戻ってしまう為です。もちろんご予定等もあるとは思いますので最低でも2-3日に一度はご来院頂けますと効果を実感していただきやすいと思います。

佐倉大崎台接骨院のご案内

住所:〒285-0817 千葉県佐倉市大崎台3-1-1 志志久良ビル1階 【電話】TEL:043-312-4177

TOPへ戻る