悩みタイトル

パソコンやマウスなどの反復動作の多い方
ピアノなど指を多く使う楽器の演奏、手芸や編み物など細かい動作をする方
野球やテニスなど力を入れて握ったりする運動をする方
更年期や妊娠時、出産後などホルモンのバランスが崩れやすい方
スマホを長時間やる方
姿勢が気になる方

こういういった項目が当てはまる方は腱鞘炎の症状がでやすくなってきます。 症状としては・痛み・腫れ・熱感・引っ掛かり感などが出てきます。

腱鞘炎に対する自院の考え

腱鞘炎とは指や手首の使い過ぎによる腱の炎症のことを言います。
その炎症の起こりやすい腱鞘とは、骨と筋肉をつないでいる腱を包み、腱が滑らかに動くよう支える滑車のような働きをする組織です。

現代ではパソコンやスマホの普及により指や手首などを使わない人などいませんが、ではなぜ痛みがある人と痛みがない人がいるのでしょうか?

その根本的な原因は皆さんの日常生活を健康に過ごすために一番重要な「姿勢」になります。
そもそも手や手首だけに限らず人間の身体は何か動作を行う際には身体が安定してから動くのが普通ですが段々と楽な姿勢を求め猫背姿勢であったり、ソファに深くもたれたり、片方に重心が乗っかっていたりとすることでいわゆる手作業になりその部分だけに負担がかかり症状に繋がってきます。

腱鞘炎を放っておくとどうなるのか

腱鞘炎になっているのを放置して、それまでと同様に手や指を使ってしまうと、腫れた腱鞘と腱に摩擦が起こり、さらに腱鞘が厚くなったり腱の表面の傷つきが悪化したりして、症状が強くなってしまいます。それをさらに放置しておくと腱鞘部分が張れ指を動かすときの引っ掛かり感(バネ指)に繋がってきます。

バネ指になってしまうと症状が出ているままなかなか解消するのが難しく最終的には整形外科的なアプローチをすることになって痛み止めの注射、手術などをする方もいらっしゃいます。

軽い症状、違和感程度だから大丈夫かと思いがちですがそれを放置していると長引く要因の一つになってしまうので、少し気になるなと思った段階でいつでも当院に気軽に相談してください。

当院の腱鞘炎に対する施術とは

自宅でできる腱鞘炎を軽減する方法は、過度な手の使い過ぎを控えること。
そうは言っても今は在宅勤務などでパソコンを使う時間が逆に増えた方などもいると思いますのでそんな方には長時間同じ作業の繰り返しを避けるよう心がけてください。 なかなか指や手の負担をゼロにすることはできませんので少しでも負担を減らすことがポイントになります。自宅などイスに座ったままでもできる体操やストレッチをすることをおすすめします。

腱鞘炎の時のストレッチは前腕(肘から下の部分)の前面、後面、肩、肩甲骨のストレッチをしていきましょう。 あとはテーピング、サポーターなどを使用して固定をすることによって患部を安静にしてあげることも症状を軽減させるために重要な一つとなります。

その施術を受けるとどう軽減するのか

当院では様々な部分から患者様のお身体を見させて頂いています。
その中でも姿勢は大事な部分です。姿勢が悪くなることによって身体のバランスが安定しなく筋骨格系が不安定になり手作業中心になり指や手首に負担がかかってきます。なので筋肉に対してのアプローチでは猫背矯正がおススメです。筋肉の柔軟性を作り負担を減らしていく施術になります。骨格に対してのアプローチでは全身矯正などが効果的になります。骨格は人間の土台となる部分になりますので正しい位置にしておくことが重要です。

また、腱鞘炎では鍼療法の効果も高いです。鍼療法では鍼を打つことにより細胞を傷つけ破壊し、細胞の修復力を促し自己治癒力を高める効果がります。 1人1人患者様のお身体は違うのでその方にあった施術メニューをお話しさせて頂きます。

施術頻度はどのくらいか

猫背矯正、全身矯正などは今までの身体の癖がついているので週に最低でも2回程度(来院できる方はそれ以上でも)が理想となります。

鍼療法では自己治癒力を高めるために通院頻度を増やしていく(毎日でも)ことにより鍼の効果が期待できます。