悩みタイトル

重いものを持つときに肘が痛む
肘の曲げ伸ばしで痛みが出る
パソコン、キーボードを打ってていると肘に痛みが出てくる
フライパンを使ってると肘が痛む
物をつかもうとすると肘が痛む
ドアノブを回す時に肘が痛む
何もしていないと大丈夫だけど、使ってると徐々に肘に痛みが出てくる
テニス、バットを振っていると肘に痛みが出てくる
同じ動きが痛くて出来なくなる
腕がすぐ疲れやすくなる
雑巾を絞る時に肘が痛む

肘の痛みに関する当院の考え

どうして肘に痛みがでるのか。 肘に痛みが出るのには様々な原因が考えられますがその内の幾つかを紹介さてせ頂きます。 テニス肘(上腕骨外側上果炎)
手首に負担がかかる動作を行ったときに肘の外側から前腕(肘から手首の部分)にかけて痛みが起こる症状のことです。 ラケットでボールを打つ動作を繰り返すテニスをされている人に多い症状なので「テニス肘」と呼ばれていますが、実際はテニス以外の仕事や日常生活での動作が原因で発症することも少なくはありません。

変形性肘関節症
肘は毎日色々な動きをしているので長年使ったり加齢に伴い肘の関節にある軟骨が次第に擦れて無くなっていき再生されなくなります。そのため、動きが障害物され炎症などが起き痛みが出る症状のことです。

その他
上記以外にも姿勢の悪さや肩周りの筋肉が硬くなることにより頸や脇から腕にかけて出ている血管や神経などを圧迫し痛みや痺れが出ることもあります。

肘の痛みを放っておくとどうなるのか

肘の痛みを放置してしまうと、最初は安静時に痛みはないですが、長い期間放置し症状が進行すると何もしていなくても痛みがでたり、コップなどの軽い物も持てないほどの痛みが伴うこともあります。また、肘だけではなく肩周りにも痛みが出始め次第には寝ていても痛みで起きてしまったり、寝れないほどの痛みが出てきてしまいます。

さらにその痛みが引かないとなると痛み止めとしてステロイド剤を注射したり、軟骨がすり減ってしまった場合には人工関節を装着するための手術が必要になる可能性など時間やお金にもご負担が増えてしまうこともあるので放置など長引かせてしまうのはよろしくないと言えます。

肘の痛みの解消方法

肘の痛みは自宅など自分でセルフケアが出来るものも多いので簡単なものを幾つか紹介させて頂きます。
肩や腕のストレッチ
ストレッチは予防だけではなく、痛みを緩和してくれる効果もあります。 「肘を伸ばした状態で手首を下に曲げて30秒間止めた後リラックス」させるストレッチを2、3回やると効果てきです。肩や腕全体、手首をゆっくり回すだけでも効果があります。

腕や肩周りの筋力トレーニング
症状が長引いてしまい慢性化してしまったテニス肘は、筋肉を強化する筋力トレーニングが有効です。 軽いダンベル(1kgくらい)やチューブを使って手首の曲げ伸ばし運動を行います。しかし、痛みや熱感などのある場合は症状が悪化する恐れがあるため無理せずやめてください。

サポーターやテーピング
肘や手首にかかる衝撃を吸収することができるサポーター(テーピング)は、日常生活で発症したテニス肘にも効果がありますが、スポーツ時に発症したテニス肘にはとても効果的です。サポーターやチューブはドラッグストアなどにも市販されています。

アイシング、温熱療法
痛みの出始めた急性期は熱を持っていることが多いので、氷などで冷やすと痛みが和らぎます。逆に痛みが数ヶ月消えないなど慢性化してしまった場合は温めることで痛みが軽くなるので、蒸しタオルやお風呂で温めてください。

肘痛軽減のためにオススメする当院の施術メニューとは

先程のご紹介させて頂いたセルフケアのもので解消されるものも多いですがそれでもやはり痛みがある方には当院でのオススメメニューもご紹介させて頂きます。

鍼療法
鍼療法は鍼の刺激を入れてあげることにより、免疫系や自律神経系が調整されて身体が治そうとする自然治癒力が高まる為炎症や痛みに効果的です。

肩甲骨はがし
肩周りの筋肉が硬くなることが原因で痛みや痺れが誘発されることもあるので肩周りの筋肉をほぐしてあげて、尚且つ肩甲骨の動きを良くすることが出来ます。

HV(低周波、マイクロカレント)
人間の体の細胞にも微弱ながら電気が流れています。 その為、外部から筋肉に電気刺激を加えてあげることにより痛みを和らげます。

その施術をうけるとどう楽になるのか

オススメメニューの説明でもさせて頂きましたが、 鍼やHVでは外からの身体へ電気的刺激を加えてあげると身体の免疫が活性化され自然治癒力が高まるので炎症や痛みが徐々になくなってきます。
また、個人差はありますが鍼は即効性があるとも言われているので鍼療法後すぐに痛みや炎症が引く方もいらっしゃいます。

肩甲骨はがしでは肩周りの筋肉をほぐしてあげることにより、頸や脇の筋緊張がとれて、腕にかけて出ている神経や血管への圧迫が無くなるため、痛みや痺れが出にくくなります。

軽減するための施術頻度は

痛みの重症度にもよりますが、軽症であれば数週間で治まることが多いですが、重症になると半年~年単位でかかってしまうので初めのうちは軽症、重症に関わらず痛みが引くまでは通えるのであれば毎日通院するのが好ましいです。
ですが、お仕事などで毎日が難しい場合でも1日置きなど間を詰めて通院するのが良いです。
また、痛みが引いてもすぐにやめるのではなく、再発防止の為にも2~3日に1回や最低でも1週間に1回しっかりと施術をするのが有効的になります。