悩みタイトル

以下のような症状でお悩みではありませんか? 腰やお尻の痛み、足のしびれ
お辞儀をする動作で起こる太ももやふくらはぎのしびれ
腰が前に曲げにくくなる
以前に比べて、腰や背中が凝りやすくなる
両足の裏がしびれる
歩行中に尿が出そうになる
排尿、排便に障害が出る
しびれで夜寝られない
歩く際に足がもたれやすくなる
階段を降りるときに不安で手すりを掴む事が増えた

ヘルニアに対する自院の考え

上記の症状が多く当てはまる方は椎間板ヘルニアというものに注意が必要です。
背骨は24個の骨でできています。その24個の骨と骨の間に衝撃を吸収するクッションのような役割の椎間板があります。椎間板は軟骨でできていて、 それが何らかの理由で骨と骨に押し潰されてしまい、椎間板から水分が出ます。その水分が背骨の直ぐそばを通る神経を圧迫し、痺れや痛みを引き起こしています。
椎間板ヘルニアが起こる原因としてはいくつかあります。

例えば加齢により軟骨が脆くなっていくことによって、骨を軟骨が支えきれなくなり起こります。 他にも、体重の過度な増加や、筋力不足によって起こるものなど環境的な要因で起こることが多いです。 環境的要因以外では、外傷で引き起こされる物で野球やゴルフなどのスイング動作で腰を酷使するスポーツなどでも起こります。

ヘルニアを放っておくとどうなるのか

椎間板ヘルニアは放っておくと大変なことになります。
椎間板ヘルニアとは背骨の骨と骨の間の椎間板という軟骨がさまざまな原因で押しつぶされることによって、椎間板の中にある水分が外に出てきて、背骨の直ぐそばを通る神経を刺激することによって痛みが起こってきます。

これを放置しておくと、治ることはまず無く痛みが増し、痺れや足の動かしにくさなどが残り症状は悪化するばかりです。 これらの原因は、年齢を重ねることによって起こる、軟骨の脆弱化や、生まれつきに軟骨が脆い、スポーツなどによって起こる外傷、体重の過度な増加と様々にありますが、多くは生活習慣からなる環境的要因で起こることが多いです。

当院ではそう言った生活習慣からなる椎間板ヘルニアなどは食事管理のアドバイスや、足りない筋肉を補うためのメニューなどを備えています。

当院のヘルニアに対する施術とは

当院での椎間板ヘルニアの施術メニューは複数あります。
まずは椎間板ヘルニアになる原因として、姿勢の悪さなどが挙げられます。そこに対し当院では、姿勢矯正を行います。椎間板ヘルニアの方の多くは反り腰という状態になっている場合があります。反り腰とは大きく腰が前弯している状態のことです。この姿勢になると、椎間板が互いの骨と骨で押し潰されてしまい大きく負担がかかります。 そこで、姿勢矯正を行い元の正常な位置に骨を整えバランスを取らせます。これにより骨にかかる不安を取り除いていきます。

次に、反り腰になる原因としては、お腹、腰回りの筋力の低さがあります。骨は筋肉で支えられています。腰の骨の筋肉も同様で、周りの筋力が弱いと腰の骨を支え切ることができません。そこで当院ではEMSという電気の機械を使用してお腹、腰回りの筋力をつけていきます。EMSは普段つけにくいインナーマッスルを負担なくつけることができるので、一般的な筋トレ器具を使っての筋トレよりも腰へのダメージはほとんどないに等しいです。お年寄りの方でもご利用頂けるものになっています。

その施術を受けるとどう軽減するのか

当院の椎間板ヘルニアに対する施術を受けると、まず姿勢矯正に関しては、今まで丸まっていた背中が綺麗な生理的湾曲を描き腰の負担が減ります。 そして、姿勢の悪さの為うまく使えていなかった筋肉が正常に働くようになります。

ここで正常に働くようになった筋肉に対してEMS電気療法を行なっていきます。姿勢矯正を行い電気療法をすることによって左右差なく筋力をバランス良く着けることができます。 電気療法で自然のコルセットを作ってあげることが重要です。

椎間板ヘルニアになる方で多いのが、長時間のデスクワークの方です。長時間椅子に座っているとだんだん疲れて腰が丸くなってき腰への負担が増大していきます。そうすると腰が丸くなり筋肉が伸びて固まり腰のコリや椎間板ヘルニアといった症状が発生してきます。そう言った方にもこの施術をお勧めさせて頂いています。

施術頻度はどのくらいか

椎間板ヘルニアを解消するための施術頻度としては、まず矯正はこの症状をどこまで直していきたいかというところにもよりますが、最低でも6〜12カ月当院では行なっていきます。

生活をしていく中で身体を使わない日などはありません。症状も施術した後は軽減しますが、徐々に元の状態へと戻っていきます。

一度ではなかなか骨格は良くならないので続けて行くことが大切になります。そのため最低でも週に1回、毎日来られる方は毎日行なっていきます。 電気療法に関しては筋肉に負担がかかってしまうため週に1度が目安となってきます。