悩みタイトル

  1. 明るい挨拶

    立っている時間や座っている時間が長いと腰が痛くなってくる
    腰を屈めると痛みや痺れがでてくる
    夕方、身体が辛い
    車の運転をすると腰が痛い

    そんなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?
    実は整骨院を受診される患者様のお悩みで、1番多いのが腰痛です。

    京成立石駅前接骨院では、腰痛に対して対症療法ではなく、原因を特定し根本的に改善することを目指しています。

  2. 腰痛に対する自院の考え

    明るい挨拶

    腰痛には様々な症状がありますが、当院では患者様お一人お一人の症状に合わせ、根本治癒を目指しています。
    その為に筋肉に問題があるのか、筋膜が問題なのか、骨には異常が無いのか、そういった原因を特定してから治療を行います。
    まず日常生活でどういった負担がかかっているのか問診をさせていただき、その後に腰痛の原因を特定する検査をします。
    症状名が同じでもその方の腰に対する治療のアプローチの仕方は変わってきます。当院ではその患者様に合わせたオーダーメイド治療を提供しています。
    また腰が急に痛くなる急性期の症状や、長年の痛みに対する慢性期の症状、繰り返しの負担によって痛みが出てしまう亜急性期の症状にも対応することができます。
    さらに腰痛とは筋肉や骨格だけが問題なのではなく、精神的な不安や自律神経のバランスが崩れてしまい腰痛を引き起こしてしまう場合もあります。現代社会ではストレスがかかりやすく、そういったお悩みを抱えられている患者様も多くいらっしゃいます。
    当院では患者様に寄り添い、お悩みを解決し、患者様の心の串を抜くことを目標に日々施術しています。患者様に笑顔になっていただく為に全力でサポートさせていただいております。どんな些細な痛み、お悩みでもご相談ください。

  3. 腰痛を放っておくとどうなるのか

    明るい挨拶

    腰痛を放っておくと、どんどん悪くなります。例えば筋肉は何もしないとどんどん硬くなってしまいます。運動不足や寝不足、栄養不良等が原因です。
    筋肉はゴムと同じ性質を持っており、硬くなると切れやすくなってしまいます。硬くなると少しの負荷でも筋肉が断裂してしまいます。それが急性腰痛、俗にいうギックリ腰です。
    重いものを持ち上げようと力を入れたり、顔を洗おうとして身体を屈めたり、くしゃみや咳をするだけでギックリ腰になってしまいます。
    また筋肉は再生能力を持っているので、切れたりくっついたりを繰り返しています。それが慢性的な腰痛の原因です。筋肉が硬いと腰痛になりやすいのです。
    肉体労働が多い方ですと腰の骨が分離してしまう分離症やすべり症になるリスクが高くなります。
    ただの腰痛だと思って放っておくと、骨が変形している側弯症や、骨と骨の間を保護するクッションである椎間板が突出して神経を圧迫し痛みを引き起こしてしまう椎間板ヘルニアになる恐れもあります。
    腰痛を気にしないで日々生活していると、気づかないうちに神経症状が出てしまったり歩けなくなってしまったりします。
    手術が必要になる可能性もありますので、放っておくと大変危険です。腰痛=黄色信号だと思ってください。

  4. 腰痛の改善方法

    明るい挨拶

    腰痛を改善するためには、筋肉を良い状態にすることが重要です。筋肉を良い状態にするということは、筋肉を柔らかい状態にするということです。筋肉を柔らかい状態にするためには柔軟性をあげる必要があります。ストレッチを十分にして柔軟性を取り戻してください。ヨガ等、とてもおすすめです。
    身体が硬くて伸びない、伸びなくて筋肉が痛くてできないという方もいらっしゃると思います。そんな方はお風呂上りにストレッチをすると良いでしょう。お風呂に入ることで血行が良くなり、筋肉が柔らかく伸びやすくなり、ストレッチしやすくなります。
    慢性的に腰痛症状が出ている方は湯船につかったり、腰に蒸しタオルを当ててあげると腰痛を緩和することができます。
    反対に急に腰痛が起きてしまった方は、炎症があるので腰をアイシングすると痛みが緩和します。
    急性期と慢性期によって対処が違うので注意してください。
    他に筋肉を柔らかくする方法は適度な運動、睡眠不足の解消、十分な栄養をとることです。この3つのバランスが大切で、どれか1つでも欠けてしまうと自律神経のバランスも崩れてしまい、筋肉が回復できず硬い筋肉になってしまいます。身体へのストレスを無くすだけでも効果があります。

  5. 腰痛にはどんなメニューがおすすめですか?

    姿勢矯正

    ここまで説明してきた通り、腰痛には様々な原因があります。
    骨格に問題があれば「矯正治療」、筋肉が硬くて伸び縮みができない方や筋肉を覆う筋膜に原因がある方には「筋膜ストレッチ」を提案しています。
    また急性期の腰痛の場合は筋肉の局所に打つ「鍼治療」、自律神経のバランスを整える「全調整鍼」等の鍼治療もあります。
    これらの治療を症状に合わせて組み合わせておこなう場合もあります。

  6. 改善するにはどのくらいの頻度で通えばいいのか

    明るい挨拶

    急性期の場合は週3~5回のペースで、3週間から1ヶ月通院していただくことをオススメします。
    また慢性期や亜急性期の場合は週2回のペースで、半年から1年通っていただくと根本的に改善することができます。